読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day Street

日々が道となり人生となる

【運営日記】テーマを変更しました。【CONTENTS】

f:id:kakoid:20160910025857p:plain こんにちはカコイです。最近沢山の方にこのブログを読んでいただいるようで嬉しい限りです。最近は忙しくて更新出来ていない週も毎日300人以上の方が検索でこのブログに来ていただいてます。本当にありがたい話です。しかし、この検索が主な流入源となった今、平均ページビューの低下が大幅に低いことが浮き彫りになりました。そこで、ゴタゴタしていたブログの構成およびCSS/HTMLなどのコードの整理を兼ねて一度テーマの変更をすることにしました。弱小ブログですが、すこしでも見やすくなれば嬉しいです。

テーマを選ぶにあたり

www.dreamark.tokyo CONTENTS - テーマ ストア

今回新たに導入したテーマはid:dreamark 氏が公開しているCONTENTSです。実は前々からこのテーマがとても気になっていました。僕は紺色が大好きなので、CONTENTSの紺色のデザイン、シンプルなデザイン性、そして同氏が公開している細かなサイト改造の記事が魅力的で、このテーマを新テーマとして選びました。

今回の記事では僕があまりにもこのテーマに惚れ込んでしまったので、すこし紹介ということでいろいろ機能を記録しておこうと思います。

カスタマイズで参考にした記事

このテーマ(CONTENTS)の良い所は製作者の方が様々なカスタマイズ記事を公開していて、ほとんど同氏のブログ内の記事でカスタマイズが完了することでした。

レスポンシブ対応及びとても便利なコンテンツ用の仕様

多数のCSSカスタム適用済のコンテンツ制作に最適なテーマCONTENTSを発表 - DREAMARK

マーカー

上の記事ではCSSによる様々なコンテンツ用の機能の説明がされています。

このようなマーカー用のコードだったり

記事の流れを壊さないコラム欄

記事のポイントや

個人的な思い

注意事項などの文章を書くことが出来ます。

カエレバ・ヨメレバの対応

僕がAmazonしか登録していないのが悪いのですが、以下のストアも利用可能のようです。

CSS適用済カエレバ対応店
Amazon
楽天市場
ヤフーショッピング
CSS適用済ヨメレバ対応店
Amazon
Kindle
楽天ブックス
7Net
図書館(New 7月15日追加) http://www.dreamark.tokyo/entry/contents

リコメンド枠

f:id:kakoid:20160910032331p:plain 僕のサイトのページセッションが低い原因として他の記事への橋渡しが少ないことが1つの原因だと分かったので、リコメンド欄の導入もしました。このリコメンド欄も簡単に導入することができ、レスポンシブルデザインなのでスマホにも反映されてとても便利です。

その他の便利な記事

上の記事以外にもレスポンシブ対応とグローバルメニューをトグルメニュー化する方法を解説 - DREAMARKなどわかりやすい記事が沢山公開されいます。また、個人的にとても助かったのが、記事下に関連記事を挿入する記事でした。【コピペで簡単】はてなブログ公式の関連記事モジュールを記事下に表示させる方法。 - DREAMARK

これからいじること

これからはページセッションの値を上げることを意識して改造を施していくつもりです。まだテーマのポテンシャルを十分に活かせていないですし、他にもフッターなどのサイト要素や記事同士をリンクさせる記事要素、検索向上のために古くてすっかすかな記事の移動やリライトなど…。まぁのんびりやっていきたいと思います。