読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day Street

日々が道となり人生となる

留学に持っていくパソコンはMacがオススメ!

f:id:kakoid:20160714212536j:plain

こんにちはカコイです。

もうすぐ秋の留学シーズンがやってきますね。今回は超個人的見解で留学する際にパソコンを選ぶ段階で知っておきたいことを書きたいと思います。ちなみにMac推しの記事です。

まず始めにOfficeについて

Windowsが入っているパソコンを買う場合、時々OfficeのWord,Excel,OneNoteが入っている場合がありますよね。値段もインストールするよりお得だったり。

でも、ちょっとまってください。もしかしたら留学先の学校次第では留学中Officeが無料で使える場合があります。

留学した場合、おそらく皆さん学校の学生アドレスを手にすると思います。

Office in Education, for Students, Teachers & Schools

そしたら↑のサイトで無料でOfficeが利用することができます。

たぶん買う予定のパソコンは長期留学の場合、留学後も使う可能性がそんなに高くはないので、セットになっている製品を買う必要はないでしょう。

軽いのを選ぶ

あと、大切なのは軽いのを選ぶことです。間違っても重たいノートパソコンを選ばないでください。カレッジでは授業によってはパソコンでノートを取ったほうが良い場合があります。重いパソコンだと机のスペースも専有しますし、移動の時にストレスに鳴ることがあります。

WindowsとMacを比較する

OSで分けると使われるパソコンの殆どがWindows系かMac系になります。今回は2つの長所と短所を比べてみます。

Windows系パソコンの短所

f:id:kakoid:20160714212535j:plain

Windowsは家庭や学校で普及しているので使いやすいというイメージがある人が多いと思いますが、Windowsにもすこし危惧するポイントが有ります。

修理サービスが日本

多くのパソコンには2年保証などの修理サービスが付いていると思いますが、必ず修理サービスが行われている地域を確認してください。

もし日本のみの対応だったら最悪の場合、日本に送り返して修理、そしてまた送り返してもらうという作業になる可能性があります。

パソコンなどの精密機械を送る場合は送る費用もかかり、日本の修理センターとのコンタクトもリアルタイムで出来なく修理が長引く可能性があります。

修理サービスアメリカ対応

こちらの際も、アメリカのどこなのかが重要になります。修理のために送ったりする費用。何が問題だったのか、また修理不可能の時の話を英語でする必要がある場合があります。もし、パソコンがテスト前やエッセイを書いている途中に壊れてしまった場合、迅速な修理が必要なので時間がかかるのはアウトです。

Windows系の長所

長所はやはり使い慣れているという点でしょうか。あと、Wordなどは学校の印刷するパソコンがWindowsOSの場合は文字化けや位置ずれなどが起きずスムーズにプロセスをすすめることができます。プレゼンテーションなどで利用するPowerPointも互換性に関する問題がないので大丈夫です。

daystreetx.hatenablog.com

Macの短所

f:id:kakoid:20160714212534j:plain

MacはWindows系と違ってOSがOS Yosemite または OS Capitanと、初めてMacを使う方にはすこし慣れない点があります。

僕としてはここは「慣れ」なので大丈夫だと思いますが…。

互換性

OfficeなどのメジャーアプリケーションもMacは対応していますが、学校のパソコンなど時々酷い位置ずれや文字化けが発生する時があります。PagesやNumbers,Keynoteなどで代用する手もありますが、その場合は、一々PDFに書き出すなどの手間がかかります。

修理が英語

Windowsと違って修理はどこのApple Storeでも行うことができます。ただその時はすべて英語でのやり取りになります。一応オンラインでのチャットヘルプとかはありますが、やはりある程度英語を使えることが必要になります。

高い

Apple製品は総じて高いです。本当に。Windows系の薄型パソコンもすこし割高になりますが、それでも高いです。これが買わない理由になっている人は多いのではないでしょうか。

Macの長所

まず、Macの場合修理サービスの充実さは半端ないです。どこの国のAppleストアでも修理やGenius Barでの点検をやってくれます。買うときに同時に買うApple Careも国が違っても問題ありません。また型番などでApple製品はすべて簡単に識別できるのでオンラインでのチャットヘルプも非常にスムーズです。

そして、なんていったって軽い。Windowsにも軽いパソコンはありますがスペックや使いやすさを考えるとMacBook系は最適です。実際アメリカの学生の多くがMacBook系を使っています。

また、OS内蔵の辞書機能が殆どのブラウザ、アプリでその場で検索が可能です。これは留学生にとって大量の知らない単語を含むPDFファイルを読むときは必須なのではないでしょうか。

オススメはやっぱりMac

僕はMac派なので、MacBook系(AirかProを含む)をオススメします。実際に壊れて新しいMacを買う時もAppleストア購入しましたが、学生キャンペーンでお得に変えたりしました。薄くて軽いですし、Officeも無料でインストールできています。あと隠れて便利なのがFaceTime。日本にいる家族がiPhoneやiPadを持っている場合簡単にビデオ通話が出来ます。一々スカイプに入る必要がありません。

daystreetx.hatenablog.com

あと、最近少し問題になってきてはいますが、ウイルスに関してもやっぱり安心な面もあります。基本的にウイルス対策ソフトは入れなくて大丈夫なのでその面でもコストは下がります。

値段で迷っている人

Windows系の場合はWindowsOS内臓のパソコン本体+ウイルス対策ソフト+無駄なアプリケーション一杯といろいろとコストも買った後の整理作業も手間がかかる場合が多いです。しかしMac系は変な広告アプリケーションも少なく、故障した場合も迅速な修理が可能です。そして買っていこうのコストは低いと思います。それらをいろいろと吟味して買ってみてはいかがでしょうか。