読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day Street

日々が道となり人生となる

ポケモンGOがなぜ流行っているのか?問題なのか?実際に遊んで考えて考えてみた。

ポケモンGO。誰もが小さいころに遊んだことがあるであろうゲーム・ポケットモンスターのスマホ版が全米で話題になっているのは言うまでもない。

日本ではまだスタートしていない。それのことに関しては、以下の記事が非常に興味深い。Nianticが開発だからアメリカからなのかもしれないけど。

【ポケモンGO】なぜ日本での配信は後回しとなったのか?スマホゲーム業界で働くおっさんが解説 – おっさんとゲーム

また、ポケモンGOの概要についてはこちらの記事に詳しく書いてある。

www.yutorism.jp

さて、今回アメリカにいるブロガーとして実際にプレイして、なぜこれほどまでにポケモンGOが流行っているのか、なぜ問題になっているのかについて考えていきたいと思う。

Ingressとは違う。

f:id:kakoid:20160714083149p:plain

位置ゲームとして成功を収めたIngressというゲームがある。NianticとGoogleによって開発されたゲームで、地図上のポータルを2つの陣営で取り合うというゲームだ。このゲームは多くの人が熱狂し、世界中でゲームのイベントが開かれている。Ingressにおいては課金することによる影響は非常に少なく、「どれだけ歩いたか、どれだけ冒険したか」によって楽しみが増していくゲームである。

では、何が違うのか。

f:id:kakoid:20160714083327p:plain

周知の通りポケモンGOではポータル要素の他に、地図上にポケモンが発生するという仕様がある。そしてその表示にはAR技術が用いられていて、実際にその場にポケモンが登場したかのように見えるのだ。そして捕まえることができる。

幼いころに遊んでいたポケモンが、普段生活している場所に現れ、そしてそれを捕まえることができる。ああ、このポケモン懐かしい!とか、いつも一番先頭に置いていた!とか友達と話しながら遊ぶことができる。楽しくないわけがない。

またポケモンGOでは近くにいるポケモンという表示があり、近くにいるポケモンが影絵で表示される。(捕まえたことのあるポケモンは影絵じゃない。)この仕組も秀逸で、表示の順番はどれだけ近くにいるのかを指している。そして移動するとその順番が入れ替わり、目当てのポケモンが現れるのだ。

f:id:kakoid:20160714060222p:plain

出てくるポケモンは地域ごとにある程度仕分けされている。しかし、時々この「近くにいるポケモン」には最終進化を終えたポケモンが表示される。この画像の場合はウィンディだ。なぜこの「近くにいるポケモン」を追う必要があるのか、ちょっと説明しよう。

強化と進化

ゲーム内では強化と進化という項目がある。捕まえた時、そして博士に余分なポケモンを送信した時に手に入る「キャンディ」と、ポケモンを捕まえた時に手に入る「ほしのすな」を使って行える強化。そして第一進化では12個、第二次進化では50個または100個のキャンディを使って、進化をさせることができる。(ポケモンによって変わるかも)

f:id:kakoid:20160714055552p:plain

ポッポの場合は12個で、ピジョンに。そしてピジョンは50個でビジョットに進化させることができる。

大量のキャンディ

進化させた場合ポケモンの強さを図るCPは爆増し強いポケモンが手に入る。しかし、進化進化と簡単に言うが、このキャンディを集めるのは簡単ではない。キャンディはポケモンごとにすべて異なる。つまりポッポを最終進化させたければ合計で62個。捕まえた時に手に入るのが3個、博士に送信した時が1個手に入るので、16ポッポ×3+15ポッポ(交換)=62個のキャンディなので、16体捕まえる必要がある。これが100個のキャンディが必要な場合は…。

最終進化系はレア

つまり、時々この「近くにいるポケモン」には最終進化を終えたポケモンが表示される。これを逃すわけにはいかないのだ。筆者は今日リザードンに遭遇したけど、捕まえられなかった。

f:id:kakoid:20160714060115p:plain

ヒトカゲなどはレアなのでなかなか手に入らないから最終進化のリザードンを逃がすのは非常に辛い。

協力プレイ

流行っている理由はまだある。それは協力プレイだ。Ingressでもそうだが、この類のゲームは協力プレイができる。ポケモンGOではチーム分けが5レベルを達成すると行われる。赤青黄から自由に選ぶことができる。そして様々な場所に設置されたジムでポケモンを戦わせて、設置されているポケモンを倒したら自分たちの色にすることができ、自分のポケモンを設置することができるのだ。

f:id:kakoid:20160714083330p:plain

そしてこのジムには共闘要素がある。AR上ではジムでは2人で闘っていると見方も表示されて一緒に闘っていることになる。ジムには1人1体ずつ占領しているチームカラーの人が3人まで自分の最強のポケモンを設置できる。(ジムのレベルが4の場合は4人つまり4体。)だからジムには超強いポケモンが3体いるのだ。これらを一人で攻略するのは不可能なので、攻略する際は近くのポケモンしている人に話しかけて一緒に戦うのだ。Twitterでは人種や年齢を超えて一緒に遊ぶ画像が話題になってもいる。

このように共闘要素があるので、街では結構な頻度でポケモンをしている人から話しかけられることがある。先日食後に公園でポケモンGOを友人としていたら、犬と散歩しているオジさんに「ポケモンかい?」と話しかけられ仲良くなりジムで共闘した。また今日、公園では小学生に「ポケモンやっているの?ジムやらない?」と声をかけられた。この時はレアポケモンを追いかけていたので、断った(ごめんよ少年)

f:id:kakoid:20160714060748p:plain

また、卵を付加させるシステムもある。キロ方式がアメリカで話題になったのは言うまでもないだろう。

「近くのポケモン」を探しながら結構歩くので、自然と卵が孵化する。卵が孵化する時に出るアドレナリンはやばい。ゲームボーイのポケモンと同じだ。

このシステムも加わり、また「近くのポケモン」でレアポケモンが手に入るかもしれないということで、人々は歩き続けるのだ。そして近くのジムでは周りの人に話しかけて、友だちになって一緒に遊ぶ。それを見た人がポケモンをインストールする。この循環で大流行が起きているのだ。

深刻な不法侵入問題

これだけ社会現象というまでに大流行してしまうと問題も多発する。まずは「近くにいるポケモン」を探して施設に無許可で進入する人たちが大量発生している。「近くにいるポケモン」のセンサーは結構細かく、すこしでも離れるとそれがわかる。だから探しているうちにどこにいるのかが分かってくる。そしてそれが病院や私有地などの勝手に立ち入ることのできない場所だと問題になる。

www.huffingtonpost.jp

デマ

https://twitter.com/I1ihfpJCHOIx9VZ/status/753216003127992321

またデマもひどい。もう大方デマだと認知されただろうが、ミュウツーを追いかけてフリーウェイを横切る人たちの動画がTwitterで話題になった。でもこれはミュウツーじゃない。黒人無差別運動のデモの一部始終だ。始まりは一人のアメリカ人が面白がって上げたのだろうが、それが日本ではデマだという情報が追いつかないほど拡散されてしまった。この記事でデマだということが広がると嬉しい。

歩きスマホ

この問題においては歩きスマホをあまり見かけないアメリカのカレッジでさえも多くの人がスマホを見ながら歩いている。これは非常に危ない。僕のカレッジでも、「みんなポケモンやってる!?気をつけてやってね!」と公式ツイートがされるほどだ。

マナーを守って楽しく遊ぶ

ポケモンGOは非常に面白くまさに冒険のゲームだ。大流行する要素も沢山あり、メリットも沢山ある。しかし、それ以上にリテラシーが試されるゲームでもある。日本での公開は先延ばしにされているがそのうちスタートするだろう。是非始めた皆さんは迷惑をかけずに楽しくプレイしてもらいたい。