読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day Street

日々が道となり人生となる

SNSで「違法サイトで見た笑」って言うのそろそろやめとこうよ。

f:id:kakoid:20160913060933p:plain

こんにちはid:kakoidです。最近更新頻度が鈍っているので、すこし更新のスピード感を上げていきたいと思っています。今回の記事はちょっと思ったことなので、サササ〜と書いていきます。

よく、映画・音楽・漫画などで違法サイトってあるじゃないですか。有料で売られている著作物を違法にアップロードする、またはそこへ誘導するサイトのことです。これらの歴史は本当に古いようで、自分が中学生(現在20)の時にはもう普通にあったような気がします。

その違法サイトについてですが、最近思うことがあります。それは違法ってことを軽く考えてるやつ多くね?ってことです。特に若い人に多いです。これを思ったのはとあるTwitterからある方のブログに飛んだ時にそこの文章に、「違法サイトで見ました」的なことが書いてあったからです。

思い返せば周りにも違法サイト使えばいける!とか違法サイトで〜などのネット上の発言がよく目立つきがします。でも、でもですよ。それ違法サイトですよ??まず第一に利用することが違法行為の繁栄に加担してるんですが、それをいろいろ飛び越えて、「SNS」や「ブログ」などの誰でも見ることができる、またはある程度のモラリティを持って書き込まないといけない場所に、なんで違法って言葉を簡単に書けるんだ…?

「ダウンロードはまだ大丈夫」だとか、「どうせばれないよ」という反面に、そのアーティストのことがすごい好きだったり、映画が好きだったり、漫画が好きだったりするじゃないですか。ネットの急速な発展で、著作物の違法配布に歯止めが効かなくなっているからって、一体いつまでその行為を続ける…?

「お得じゃん」「無料だからラッキーじゃん」「だってお金ないし…」って言う人もいるけど、いや、「違法」の物を使っているって分かっているんだよね???

映画とかもAmazon PrimeとかYoutubeで数百円でレンタルよ?家を出る必要もないよ?

音楽もiTunesやspotifyとかいろいろストリーミングサービスあるよ?

漫画もKindleで買えるし、読み放題も始まったし、LINE漫画とかジャンプも販売しているよね?

あんまり話を深くし過ぎると満喫とかの存在も疑わないといけなくなってしまうのでやめておきますが、せめてさぁ、「違法」なことに関与しているってことを簡単にSNSとかに載せるのは辞めようよ…

と、思いながら自分は昔こういう発言をTwitterとかでしてないかな?大丈夫かって不安になる当たり、まだまだ自分もダメだなって思いました。以上。

(Kindleで涼風、と今際の国のアリスって漫画まとめ買いしたら、精神的に不安定になるほど面白かったです)