Day Street

日々が道となり人生となる

平成29年12月8日

今日は学校の先輩でアメリカに住んでいる方との会をしたので、そのときの話をめも。

大切なこと

文章力とその先にあるもの

構成は基本

メールの基本ではあるが、自分や会社のの自己紹介からの会社の考え、自分の精神をシェアする。その上で話を以下に注意しながら進めていく。

相手を思いやる文章

Ifなどを使うときも、最初にI understandを使う。相手のシチュエーションや考え方を尊重した上でリクエストを出していくことを忘れてはならない。

ミスコミュニケーションをとことん無くす。

メールなどの文章におけるコミュニケーションで、言葉選びでも丁寧かつ上品、そして自分にあった文章を作ることが大切。

正確性においては、箇条書きや詳細がはっきりと分かる表現で事細かに説明する。

自分の軸をしっかりと持つ

コミュニケーションを取っていく中で、自分の中でのやり方を突き通す。

戦略

相手の逃げる場所をしっかりと確保しておく、その上で逃げた先を自分のターゲットにするぐらいの気持ちで強く交渉をしていく。

自分の武器を持つということ

プロデューサー業は信頼性が命だが、それを一から作ることはとてもむずかしい。どうやっていくにせよ、いろいろな場面を体験してその流れでプロデュースに回ることが多い。その中で最終的に自分がなにができるかで肉弾戦になることが多い。

その場面で自分の力を2分野以上で出せる必要がある。

女性の演出方法

女性の演出方法にも様々なとらえかたがある。外見だけではなく、本当なFeminineなところの表現が大事。ここでは、女性らしさは「丁寧」とか「優雅」ではない。男に負けてはならないんだぞという生殖的な対抗姿勢を映し出す。表面的ではなくコアの部分をどれだけ理解し、演出に持っていけるかが大切。

www.youtube.com

靴は良い。自分にあった靴を少しづつ見つけていって、こだわっていけばいい。磨くのに40分ぐらいかけてくれる店もある。

イギリス

イギリスはアメリカに比べて本来のものをしっかりと大切にする文化がある。日本の八百万と少し似ているが、日本は少し歪んでいる。笑

一見地味で、カラフルでつまらなそうに見えるもので、でも実はそこに深いこだわりと美しさがあるものはたくさんある。それを見極めるセンスがないとだめ。

いちばん大切なこと

自分をよく知ること、自分を過信しすぎず、過小評価せず、経験していく中で自分のレベルをあげていく。