Day Street

日々が道となり人生となる

ブログのタイトルをもうちょっと前向きにしたい。

留学生のブログというものは、最初は辛いを連呼する記事が続き、中盤では慣れてきて日頃の日常を書き記し、最後らへんでは留学生活で導いた己の哲学や主張を示すような記事で締まる。と相場が決まっている。まぁ偏見だけど。


僕のブログは未だに辛い辛いばっかり書いているし、慣れてきてもいないから価値が皆無になりつつあるんだけど、それでもなんだかんだ書き続けている。



最近はポジティブ思考で過ごさないと損をすると考え、前向きに前向きに物事を考えているし、それにこれからは、なるべく遊んだり毎日外出するように心がけたい。



そんな妄想をしていると、「引きこもり」という一見では明らかにネガティブワードのこのブログのタイトルは不合格であるということに気がついた。



f:id:kakoid:20160105023025p:plain



毎日の生活の中で一度は触れる僕の情報財産(価値0円)がマイナス思考なのはまずい。PC用のブログのデザインは白黒だし、画像なんて最近は貼らない。

巷で話題の大学生ブロガーのような進撃要素は皆無だし、ブロガーをメディアクリエイターと呼ぶ方々たちには何も感じない。メディアクリエイターという言葉の意味を広く定義し過ぎである。



でも、僕には勢いは必要だ。



夢というなの目標に向かい全力でペンを走らすことが僕の留学生活の義務である。

それなのに、「引きこもり系留学生」とはなんだ。

もうちょっと捻られたネーミングがあっただろう。

ブログで知り合った人とあったとしたら、きっと最初はブログの名前が出てくるだろう。

「あ、引きこもり系のかこいさんですよね!!」

とか言われたら恥かしいというか辛すぎる。

もし4年間ブログを続けたらきっと僕の留学生活の中にブログのタイトルは結構重要なポジに刻まれる。

それが「引きこもり系留学生の雑記帳」だったらどうだろう。想像するだけで灰色の留学生活じゃないか。




これはまずい。変える必要がある。


もう少し前向きに、そして覚えやすく検索するときにタイピングが面倒じゃないタイトル。


前にならえをしている小学生の腕のように前を向いている必要はないが、中学三年生が面倒そうに「前にならえ」する腕ぐらいの角度はほしい。


ポジティブに生きていかなきゃだめだ。


まだ何も失うものは無い。周りの人生観を語る大人たちによると、僕は何度でも立ち上がれるらしい。


「若さ」が武器らしい。


だから挑戦して失敗して挫折して、それでも前向きに走れるような留学生活の「タイトル」が欲しい。