読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day Street

日々が道となり人生となる

勉強しようぜ。勉強。

こんにちはこんばんは!

数学のことで浮かれていて、リーディングで自爆しましたカコイです!

今週は人生で一番英語を使って勉強していると思います(笑)(まぁこれがこれからどんどん更新されていくわけですが。)

毎日Discussionでアルメニアンのおばちゃんの勢いに負けてしまったり、リーディングが夜中の二時までかかってしまったりとかなりバタバタしています。

おかげで遅くまで勉強することにはだいぶ慣れてきたんですが、やっぱり効率の悪さと集中力の低さが足を引きずっていて、その結果落ち込む機会が多いです。

でも、昨日社会学のエッセイを読んでいる時に、文章は凄い難しいんですけど中身が面白っくて読むのが苦痛じゃない。という初めての体験をしました。英語でもあるんですね、こういうこと。

今日は明日にクイズも宿題も無いので帰ってきてから布団に倒れこんでました(笑)

毎晩遅くまで起きているくせに勉強中に身体が冷めてしまって、寝付けないんですよね。おかげでもう極限の睡眠不足。

そして、目が覚めたのがまさかの17時過ぎ。

アイマスクをしながら目を開けて、すこしいろいろ考えてました。

行きたい大学のこととか、それに対する思いとか。高い目標を持つことに対する自分の精神的反応とか。

いつもここまで疲れると、もういいや!ってなっちゃうんですけど。今回はなんか勉強したいなーって思っちゃってます。

もう、周りからいろいろ言われることも気にならなくなりました。

とりあえず自分の可能性を自分で否定することはせず、目の前に作った道を地道に歩いて行かないと行けないなぁ。と。

いつも負けそうなときは、

の内容を思い出して、死ぬ気でやらないと駄目だって気合を入れるんです。

やっぱり、こういう本のいわゆるサクセス・ストーリーってのは、結構批判されることが多いですよね。

例えば「ビリギャル」とか!

出身校はお嬢様学校だー!とか本人は金髪じゃなかったー!とか。

でも、そういう意見は無視していいと思うんですよ。

これらの本で何が大切かっていうのは、未知の可能性を大変な努力もので切り開いていくところで。

バックグランドがなんだ。とか、結局頭の質が〜!とかじゃないと思うんです。

努力が嫌いという本音を隠したいがために、議論をすり替えているように感じます。

そして僕達情報社会に埋もれている日本人は、ただでさえ価値観の共有を求める性格なのに、SNSというコネクティングでそれを重症化させていると思うんです。

若いうちにしか「遊び」のどちらかしか出来ないって聞くけど、「勉強」も同じなんですよね。

今勉強して、豊かな人生が送ることができるかは分からないけど、勉強して結果が出た時の達成感って[遊び]並に最高だと思いますよ。

もう全部のクラスでAを取るつもりで頑張るのではなくて、A+で当然ぐらいの気持ちで勉強します!

明日のエッセイテスト頑張ってやるううオオオ

※最近本当の雑記になってますね。学期中は鬱記事が続くのが留学生のブログの宿命らしいです。