Day Street

日々が道となり人生となる

未来と過去。どちらに行きたいか。

おはようございます。かこいです。

先日キューリグのコーヒ−K-cupが切れてしまったので、朝からトーストとお茶という複雑な組み合わせで日曜の朝を迎えております。この組み合わせ最高に合わない。

日課のはてなで購読中のブログを巡回していたら、とある記事を見かけました。

suga0311.hatenablog.jp

。。。いやぁ未来か過去かですか…。

いろいろと定義が複雑になりますが、単純に考えると僕は未来でしょうか。

過去に戻って後悔したことをやり直したいっていう気持ちはあります。でもそれって、過去の体験を変えてしまうことですよね。

人ってものは環境によって作られるって言うように、過去の辛い経験や楽しい経験が今の僕を作っているんですよ。

過去に戻って後悔したことをやり直して、今の状況より満足する結果になるという保証はありません。

今は辛いし、寂しいし、加えて楽しいこともそれほどないですけど、ここ数年間の思い出というものは最高のものでした。

どれほど過去に戻ってやり直せるのかは分からないけど、例えば五年前の高校受験の時に母校と違う高校を選んでいたら、どのように人生が変わっていたのか。

偏差値で選んだ学校に通っていたらどうなっていたのか。

まぁ確実にアメリカにはいないでしょう。今頃どこかの日本の大学生だと思います。

過去は変えられないといいますが、過去は変えるべきものではないとも言えるのかもしれません。

僕は心底まだ本当に過去に戻りたいだとか、映画みたいに大切な人を失って過去に戻りたいと幸いにも思ったことはありません。

ちょっと胡散臭くなりますが、時間は一秒単位とかではなく瞬間瞬間で未来へと動いています。現在というものは直ぐに過去になっていくんです。

前向きに進歩して生きていきたいと思っていれば、行きたくなるのは必然的に未来へなるのではないかと思います。

では、お湯が湧いたのでまた明日?

追記

www.youtube.com

コブクロの新曲だ!って思って見ていたら「過去と未来」についてのフレーズが偶然ありました。

やっぱりこう言うシチュエーションを考えるとつくづく一概には言えないですよね。