Day Street

日々が道となり人生となる

情報中毒からの脱却生活1日目

f:id:kakoid:20151201120127j:plain

先日の記事を投稿してからスマホの情報アプリ系を全部消しました。TwitterもFacebookも全部パソコンからしか見れなくしました。もう今僕のスマホは音楽プレイヤーと電話とカメラでしかありません。

daystreetx.hatenablog.com

一日経ちました。

決心した昨日の夜からいろいろ気づきました。

本当にビックリしました。無意識にTwitterとかを手が開こうとするんです。ビビりました。

夜はいつもなら動画を見るのに、見ようとしてもアプリがない。体が習慣づいているので、見ないで寝ようとしてもなかなか寝付けませんでした。依存の症状を実感して怯えながら寝れるまで考え事をしていました。

朝になりトーストとコーヒーを入れている最終にパソコンでいろいろチェックしました。でも、パソコンの画面はとてもSNS系は見にくいので、通知を確認して、ブログのアクセス数を見てちょっと喜んで終わりました。はてなブックマークありがとうございます!

授業の休憩中もスマホはいじらず、暇だったので前の人と話してました。心なしか喋るって行為とスマホを見なかったせいか、10分の休憩でかなりリフレッシュできてその後の授業が集中できました。

銀行に行くためにバスを待っていると、いつの間にかスマホの画面を見て、「あっ」ってなりました。恐ろしい。

帰ってきてからすこしいらいらすることがあってパソコン開いてましたが、スマホの時のようにタイムラインを細かくチェックすることはなく、つぶやいているだけでした。これが本来のTwitterの使い方でしょう。(笑)

効果

まず、これらの気付きを通して自分がどれほど時間を無駄にしているかが痛いくらいわかりました。無意識にスマホを触る自分を見て、こんな頻度でスマホ触っているのか…と引きました。これらを別の有益なことに変えられるといろいろ変わりそうです。

先日のはてブのコメントで、

情報中毒は能動性を無くす

という言葉があり、クラスやその他の場所での体験から「たしかにな…」と思わずうなずいてしまいました。

それと、授業の後に膨大な無駄情報が入ってこないので、いつもに比べて授業の内容が頭から離れません。

次のステップ

今の情報を無意識に得ようとする症状が収まるのに何日かかるか分かりませんが、その次のステップの代替行為(読書や暗記)をできるようにするのが次の目標です。朝はパソコンじゃなくてテレビのニュースを見る癖をつけます。英語なので見ているだけで勉強になります。今日時間を無駄にせずに、帰国の準備や銀行、飛行機のパスポート登録などすべきことを終わらせたので、明日から勉強にじっくり時間を費やせそうです。やっふー。