読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Day Street

日々が道となり人生となる

初めてコーヒーをキューリグ使って入れてみた[Peet's coffee KCUPレビュー]

こんにちは、学校のカフェのデビットカードの最低金額が3.5ドルなのでいつもコーヒーとクッキーを買っていましたカコイです。


シェアハウスに移りましてから自分が実行したいと思っていることがありまして。


今回はそのうちの一つを遂行しました。


それは…


美味しいコーヒーを朝飲めるようにする。

f:id:kakoid:20151123070741j:plain




去年の春頃からブラックコーヒー中毒になってしまった自分は、自炊する環境になったら家で美味しいコーヒーを朝に飲むというのをずっと目標にしてました。


ホームステイなどでは家庭によりますが、自分のケースは家にあるインスタントと低脂肪ミルクを混ぜてカフェオレを作るのが定番でした。しかし、自分はあの中途半端な甘さとぬるさが嫌いで、三ヶ月間ずっと家で美味しいブラックコーヒーを飲むことを夢見ていました。


引越前からどうやってコーヒーを作ろうか。。。。と悩み。


コーヒー好きの友人にアドバイスを貰ったりと準備を重ねてきました。


自分で豆を引いてペーパーでーあーだこーだと。



そして引っ越し後。

f:id:kakoid:20151119104233j:plain






シェアメイト「コーヒーメーカーあるから使っていいからね」




ま・じ・か



ミル(豆引く奴)とかの道具をどう揃えようか悩んでいたところこの展開。大勝利。


しかも、コーヒーメーカーは粉を入れて―とかそんな古臭いものではなく、キューリグというものらしい。(日本も一時期流行?した?らしい聞いたこと無いけど)


使い方は簡単である。


  • TargetでもどこでもいいからスーパーでK-cupというものを買う。


f:id:kakoid:20151123070706j:plain


  • 機械に水を入れ、カップを専用の場所にセットする

(画像はセットしてない。)

f:id:kakoid:20151123070648j:plain


  • 閉じてスイッチを押す。
  • あらコーヒーの出来上がり


f:id:kakoid:20151123070639j:plain



味はもちろん旨い。


あまりに簡単なのでいろいろ調べてみたら、日本でもすこし出回ってるみたいですね。


f:id:kakoid:20151123070701j:plain


小さなカップ一つ一つにコーヒーの引き立ての粉が密封されて味が落ちないという仕組み。しかもコーヒーメーカーに粉などは残らず使い終わったカップを捨てるだけ。
(画像は使い終わって穴が開いてるカップ)


f:id:kakoid:20151123070658j:plain



素晴らしい…便利すぎる…。


自分で豆を挽くという夢は消え去りました。


  • 値段はというと

f:id:kakoid:20151123070705j:plain


16Cup入で11ドル。高く見積もっても一杯あたり100円。
(32個とか大きいサイズを買えばもっと安いです。Peet'sは少し高めでした。)


なぜこんな便利なものの存在を今まで知らなかったのか。


今回買ったPeet's Coffeeで同じスモールブラックコーヒーを頼むと確か2.5ドルぐらいだったので安い。学校でいつも買ってるのよりも勿論安い。


このカップはスタバ版とかいろいろなメーカーの種類がありまして、いろいろ試すのも面白そうです。


ブラックが美味しいと評判の今回買ったPeet's Coffeeは当たりでした!


これでコーヒーでお金を浪費することは無くなりました。👏


毎朝できたてコーヒーを飲む生活を楽しむこととします。